私たちは、浮気調査のことだけでなく、
慰謝料請求や離婚のことまで、
安心して相談できる探偵事務所です。

こんな方はご相談ください。

 

  • 浮気相手に慰謝料を請求したい

  • 浮気夫(妻)と離婚したい

  • 夫(妻)の浮気をやめさせたい

  • 浮気の動かぬ証拠・裁判で勝てる証拠がほしい

  • 夫(妻)から離婚したいと言われたが離婚したくない

  • 親権を獲得したい。

  • 養育費を請求したい。

  • 裁判や調停は避けたい。示談で穏便に解決したい。

慰謝料請求や離婚についてもお任せください。

浮気調査には、どうしても慰謝料請求や離婚、あるいは、夫婦円満(不倫相手と接触を禁止したい)などの相談が伴います。

それは、そもそも浮気調査が、慰謝料請求や離婚、あるいは、夫婦円満などを目的としているからです。

せっかく浮気調査をしても、それらの目的を達成できなければ、あまり意味が無いのかも知れません。

そこで弊社では、浮気調査だけではなく、法律(離婚や慰謝料請求)にも精通した現役探偵兼行政書士(TOMO法務事務所代表)が直接お客様から、お電話にて無料相談を行うようにしています。

岡山の依頼者様も安心して、ご相談できます。ご希望の方は 探偵法務’s岡山へその旨をおっしゃってください。本部へご紹介いたします。

話しやすい・分かりやすいを心がけ、重苦しい雰囲気にならない様に努めています。

探偵事務所と聞くと、怖いイメージがあるかもしれません。他の探偵社で上から目線で話をされた。威圧的な態度をとられた。という経験をされた方もいらっしゃると思いますが、弊社は「話しやすい・分かりやすい」を心がけており、なるべく噛み砕いて分かりやすくお話させて頂く様にしています。また、浮気調査や離婚等の相談となると、どうしても重い話になりがちです。そして、重い雰囲気の中や緊張した状態では、きっと相談しにくいと思います。
ですから、弊社ではカウンセラー資格保持者の女性相談員が、相談者様や依頼者様が肩の力を抜いてリラックスしてご相談できるよう努めています。

メンタルケアメニューはこちら

フットワークの軽さと柔軟な対応には自信があります

「今晩、浮気調査をしてほしい」など、緊急の場合も出来る限り対応するように心がけています。

あくまで、出来る限りですが、極力対応致します。

※ただし、緊急の場合でも探偵業法により、書面でのお申し込みは必須ですので、なるべく時間的な余裕をもってご相談されることをお勧めします。

もちろん、ご相談・お見積は無料ですのでどうぞ、お気軽にご相談下さい。

ためらっている方へ

「今やらないと」などとお客様の不安をあおったりして契約をすすめてくる探偵社もある様ですが、弊社は、本当に浮気調査をすべきなのか否かをお客様に冷静で、正しいご判断をして頂きたいと考えております。

 

まずはご自身でチェックしてみて下さい

 

  • 携帯電話を肌身離さず、トイレやお風呂に入るときにも持って行くようになった

  • 急に洗車をしたり車内を掃除したりする様になり、芳香剤まで置くようになった

  • 「履歴」や「最近使ったファイル」などをこまめに消去するようになった

  • 急に身なりや髪型、下着を気にするようになった

  • 休日出勤や残業が急に増えた、帰宅時間が遅くなった

  • 電話がかかってきても、その場でとらない。

 

もっと詳しくチェックをしてみたい方はこちら

失敗する前に証拠を押さえることが必要

 

慰謝料請求や離婚の話し合いは証拠をとってから

浮気夫(妻)にしても、その浮気相手にしても、証拠がないまま問い詰めても、まず白状しません

つまり、証拠もないまま話し合いをしても、離婚や慰謝料請求に応じるケースはとても少ないのです。

そして、話し合いで、離婚や慰謝料請求に応じてもらえない場合に、強制的にそれらを実現させる手段は、最終的に裁判しかありません。

裁判では、証明責任と言って、原告(訴える側)が、不貞行為があったという事実を証明しなければなりません。

つまり、証拠がなければ、裁判はできない(しても勝てない)ということです。

反対に、証拠があれば裁判に勝てるということですから、浮気夫(妻)やその浮気相手が要求に応じなかったとしても、裁判で決着をつけることができます。

しかし、証拠が無いまま話し合いをして、浮気夫(妻)やその浮気相手が要求に応じなかった場合は、事実上裁判をすることは不可能(しても勝てない)ですから、泣き寝入りをすることになり兼ねないのです。

そうすると、かえって悔しい思いをしてしまうことになるのです。

後から証拠をとるのは困難。

証拠が無いいまま、問い詰めたり話し合いをしてしても、浮気夫(妻)やその浮気相手は、不貞行為の事実をまず認めません。そして、後から証拠を撮る(浮気調査をする)のは非常に困難です。

なぜなら、浮気を疑われた(知られた)浮気夫(妻)やその浮気相手が、警戒してしまうからです。

警戒させてしまうと、行動パターンを変えたり、会う回数を減らしたりするので、警戒していないケースよりも調査が難しくなり必然的に期間や費用が余分にかかることになってしまいます。

それでも、証拠が撮れれば良いのですが、最悪の場合は、全く会わなくなって(別れて)しまいます。もしも、そうなってしまったら、浮気調査で、証拠を撮ることは物理的に不可能です。

ですから、証拠を押さえる(浮気調査が終わる)までは、問い詰めたり、話し合いをしたりするべきはありません。

問い詰めてうまくいったときのことではなく、うまくいかなかったときのリスクや対策を考えて行動すべきなのです。